忍者ブログ
㈱はの字食品 ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

“焼津らしい手土産”のレパートリーを増やすため、日々焼津の名店を探し求めている私です。

手土産って、自分の大のお気に入りを差し上げたいですよね。
だから選ぶのも難しい。
特に年に何回もお会いする人への手土産はとても難しい。
もちろんはの字のさつまあげは持って行きます!が、あと1品何かほしい・・・

最近焼津名店リストが増えないな~(最近出歩かないため…)と思っていたところ、
生粋の焼津っ子の伯母から先日とんでもなくおいしいお赤飯&山菜おこわをもらいました。



_20081224_0009.JPG









 



餅貫さんの「花豆お赤飯と山菜おこわ」。
花豆入りお赤飯、花豆入り山菜おこわのセットで限定60セット。
予約制で、ひと月の内、決まった日(おこわの日)にしか手に入りません。
そういわれると、ますます食べたくなるのは私だけでしょうか。。

餅貫さんは和菓子屋さんです。
それで納得。
花豆の炊き具合がふっくら、ほくほくでちょ~~どいいんです。
花豆のほんわかした自然の甘さがご飯に移って、あらまあとってもお上品。

_20081224_0010.JPG







 

そして花豆ってすごく大きい。
ビジュアル的にも、普通のお赤飯とは一味ちがうオーラをかもし出してます。

今月のおこわの日は1月28日。
あぁもうすぐだ♪
誰かに教えたくなる味ですよ☆

 

PR

朝は冷たい空気にぶるるっとしたり、昼は強烈な太陽に思わず手で日差しをよけたり・・・
秋の気候は変わりやすいですね。夏の暑さから開放されて過ごしやすい秋が訪れると
無性に甘いもの、特にケーキが食べたくなります。
今日は焼津でイチオシのケーキ屋さん「マーブル」さんのご紹介です。

何年か前からずっと、街のケーキ屋さんやデパ地下のケーキは甘さ控えめでデザインも
大人っぽいものが多いように感じます。そんなケーキを食べ続けてきた私は一昨年
マーブルさんのケーキを食べて感動しました。

“甘さ控えめ”なんて言葉は吹っ飛んでしまうようなガツンとした甘さ。
“大人っぽいデザイン”なんてしゃらくさい!と言わんばかりの伝統的で豪快なデザイン。
子供の頃、「ケーキだケーキだ~」と嬉しさに飛び上がりながら食べていた、あの頃
ケーキと同じなのです。これぞケーキ。

かなりどっしりしているのに1個では飽き足らない不思議な魅力があります。
我が家ではおかわり用のケーキは必須です。(一人当たりおかわり2回はします)
そして毎回びっくりしてしまうのが、そのデザインです。
いつも「いちごロール」を買うのですが、箱に入りきらんばかりにギッシリとクリームが
詰っています。極太の生クリーム絞り口からこれでもかー!と力いっぱい絞り出した感じ。
お誕生日ケーキにのっているチョコの「○○ちゃんお誕生日おめでとう」の文字
(おそらくご主人が書いていると思われます)も勇ましさを感じる字体です。
味・デザインとも、おとこらしさ満点のケーキです。

マーブルさんは焼津の駅前通りにあります。
昔ながらの昭和の雰囲気漂う店内もまた素敵。
ガラスのショーウィンドウにある大きな連獅子の絵が目印です。渋いですよね。

ae20952d.jpeg
マーブルさんのイタリアンロール。
皮がけっこう厚いところがある!
ちょっと焦げてもなんのその!
おとこっぽいですよね。両頬落ちるほどおいしいです。






 

一雨ごとに涼しくなるこの頃、いよいよ食欲の秋の到来です!
今日は焼津のおいし~いお店のご紹介です。

9月も下旬にもなって、新米を味わった方も多いのではないでしょうか。
新米って梅干だけでも、ごま塩だけでもおいしいですよね。
でも焼津には新米と相性よし!の逸品があるのです。
今日ご紹介するのは清らかな水で育った「まるご」さんのうなぎの白焼きです♪

まるごさんはうなぎ白焼き専門のお店。ここの鰻はほんとうにふっくら!!!
もともと養鰻をされていたお店で、今はこの道32年のご主人が白焼き一筋
で毎日新子の鰻を捌いています。
まるごさんの鰻ぐらい“ほくほくした”うなぎにはお目にかかったことがありません。
我が家では蒲焼きの他に、白焼きで柚子胡椒をのせて味わっています。

以下ははの字流蒲焼&白焼き柚子胡椒のせのレシピです。
ぜひお試しください☆ほっぺたおちます!
まるごさんのHP→ http://www.unagi-marugo.com/

<ふっくら蒲焼>
1.うなぎの白焼きをお好みの大きさに切り、平たいお皿にのせる。
2.うなぎにお酒をひたひたにかける。
3.ラップをしてレンジで1分30秒温める。
4.うなぎを取り出し、焼魚グリルで焼く。
5.おなべに鰻のたれを入れてひと煮立ちさせる。
6.おなべの中にうなぎを入れ、軽く煮る。
7.あつあつ新米の上にうなぎをのせて、新ショウガの薄切りと茗荷
  をのせて完成!

<外はカリカリ、中はふっくら白焼き柚子胡椒のせ>
1.~4.までは蒲焼と同じ
5.お皿にうつして、柚子胡椒をのせたら完成!

82c37924.jpeg


この中に、ほっぺも落ちる
うなぎの白焼きがっ(><)








 



忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード